医療事務の仕事はいろいろ

医療事務の仕事は保険点数を計算することが主な仕事と思われてしまいがちな医療事務ですが、実際は患者さんと接することが非常に多い仕事でもあります。

基本はやっぱりレセプト作成と点検です

医療費はどうやって換算しているかというと、医療機関で行われた診療を点数化して医療費に換算しています。患者は一人ひとり診察の内容が変わるのでそれぞれレセプトの作成と点検をして、毎月、審査支払機関を通して医療保険の保険者へ提出しなければなりません。

医療事務は見られている仕事です

病院の印象というのはそこで働いている先生をはじめ看護婦さんや受付と会計を行う医療事務員みなさんの人柄で決まります。挨拶といえば受付ですね。患者は気分が悪く医療機関にきています。気持ちを理解して言葉遣いや気配りなど人と接するうえでの基本的なマナーを必要とします。

秘書業務も医療事務が行います

秘書業務とは大きな医療機関の場合、秘書として院長や医局、看護部長のスケジュール管理などを担当することもあります。他にもナースステーションで医療事務として働くことも。こうした場面で対応できる書類の作成や管理も医療に関係することなので、仕事の知識と経験は医療事務に求められています。

一見、医療事務とは関係ない仕事?

大きな医療機関であれば清掃員や電話対応員がいますが、少人数で行っている医療機関では、医療事務員が電話対応や清掃、備品の管理といった雑務も仕事として行います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ