医療事務の働く場所

医療事務の働くところと考えるとイメージするのが「病院」と思われますが、医療機関の規模の大小によっては診療する科目がいろいろあります。医療事務の仕事内容もそれによって変わってきます。ここでは医療事務が活躍する場所について簡単に説明します。代表的なのが「医科」「歯科」「調剤」をはじめ、さまざまな医療事務のニーズがあることがわかるでしょう。

病院または大学病院

総合病院や大学病院などの大病院では医療事務の分業化が進んでいます。そうすると配属先も仕事内容が変わります。それぞれの業務に特化したスキルをもった人が必要な職場といえます。

診療所や専門医院

小規模の個人経営の医院、眼科や皮膚科などの専門医院では、少人数で患者の対応をするため受付からレセプト業務までを医療事務が行うことが普通のようです。地域に密着した小規模の診療所や専門医院は口コミで評判は根付いていきますので、患者となる地域住民とのコミュニケーションは必要不可欠です。

介護やリハビリ施設

今や日本は高齢化社会になりつつあります。そうすると介護やリハビリを行う施設も増え、医療事務スタッフの必要とされている数も増加しています。これから先もさらなる需要が期待されているため、介護やリハビリ施設は目が離せない職場の一つです。

歯科医院

診療所や専門医院と同様に小規模の個人経営が多い歯科医院では、医療事務は受付からレセプトの仕事が主になりますが、歯科医院のサポートをする歯科助手として仕事をすることもあります。

調剤薬局

調剤薬局では医療機関が発行した処方箋の受付、レセプト業務と会計を行います。お薬手帳の記帳や薬剤師のつくった処方薬の確認といったサポートや、市販薬の販売もします。

医療事務代行業者

大規模な医療機関になると外注化が進み、経験のある人材を求めています。今で言う派遣がこれにあたります。働く場所は医療機関の中で行いますが、雇い主が代行業者になります。

レセプトの提出先の審査支払機関

医療事務が行うレセプト業務で提出するということは、受け入れ先でも医療事務が必要になります。医療機関から診療報酬の請求を受けた保険者がレセプトを審査・点検するためです。求人の数は多くないものの、専門職としてスキルをもった人が活躍しています。

ソフト開発会社

今までの就職先の流れからして以外かと思われますが、レセプトは電子化されパソコンで入力するようになりました。ソフトは医療機関の分業化により求められる内容が異なるため医療事務として経験したこと無い人では作ることができません。そのことからパソコンのソフト開発で医療事務のニーズがあるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ