医療事務の給料・収入

仕事として医療事務を考えるなら、当然、給料の収入について知っておきたいものです。

主に医療事務は正社員と派遣社員そしてパートタイマーに分類されます。それぞれの条件によって給料の収入は違うので自分がどこを目指すのか確認しておきましょう。

正社員の医療事務の給料・収入

月給は約15万〜19万円が目安になります。

賞与(ボーナス)や有給休暇など、収入に安定感があり雇用条件も安心できるのが魅力です。正社員なので当然、健康保険や保養保険、厚生年金といった社会保険に加入されるのが特権でもあります。基本給の他に残業になれば残業手当を付けるところもあります。

派遣社員の医療事務の給料・収入

時給は約1,200円が目安になります。一日8時間で20日の勤務であれば約192,000円

派遣社員で医療事務として働く場合、職場に入ってすぐに医療事務の業務に取り掛かれるように経験と行動力が求められます。派遣社員の場合給与は月給制ではなく時給で計算されることが多く、賞与(ボーナス)や有給休暇などはありません。収入には安定感はありません。正社員と違い健康保険や保養保険、厚生年金といった社会保険は多くの派遣会社では各自で国民保険に加入しているのが現状のようです。

パートタイマーの医療事務の給料・収入

時給は約800円が目安になります。

パートタイマーの場合は短時間によるシフト制で勤務でき、自宅近くで職場を探しやすいのが魅力です。お子さんをもっている主婦は行事による休日を取らなければならないので、こういった融通がききやすいですが、その分時給は低めになります。勤務条件によっては社会保険の加入もできるところもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ