受付窓口業務

医療事務の仕事としてレセプト業務に次いであるのが患者接遇業務患者サービスとよばれるものがあります。そのなかでも窓口業務は医療事務の仕事が代表的でしょう。窓口業務というのは受付ですね。

医療事務の重要視される「患者サービス」

病院によっても窓口はさまざまで、小さい医療機関では受付と会計は同じ窓口になりますが、大きな大学病院や総合病院になると外来受付、入院受付、処方箋、会計と窓口が分かれています。省力化にともない再診受付を受付チェッカーなどの機械で行っている病院もありますが、通常は再診の受付は医療事務スタッフが担当します。

ここ近年になって「医療はサービス業」と言われるように、どこの病院も患者接遇を重んじるようになっています。受付窓口業務の担当者は最初に患者が接する病院スタッフとなります。そう、受付窓口業務は病院の鏡となります。それだけに、きちんとした対応ができる人材を求めていると考えて良いでしょう。

受付窓口業務は大勢の患者さんを受け入れるため順序良く業務をすすめるためにも保険証の確認、カルテ作成、患者情報の入力、診察券発行、診察課への案内、医療費の計算と会計の仕事内容を短時間で手際よく行い患者さんを待たせないようにする必要があります。

いつも笑顔で機転と思いやりの対応

医療事務の受付窓口業務は病院を訪れる患者の状況に、臨機応変に機転と思いやりの対応が必要です。なぜなら、他の業種の受付と違い、耳や目の不自由な人や、日本語を話せない外国人が訪れたり、新型インフルエンザや嘔吐下痢などの感染しやすい患者が来院することもあるでしょう。

そういった個々の状況に、臨機応変に機転をきかせた対応が必要なのです。
また、体調がすぐれない方や、悩みをかかえて病院を訪れてきます。

そういった方には、受付スタッフの対応により、患者の病院に対する印象もきまってきます。何気ない言葉や態度で病状を悪化させてしまったりすることもあります。いつどこで見ている、聞いているかはわかりません。

患者さんは時に具合を悪くすることもあります。顔色や体調などの状態を観察して、気がついたことがあれば、適切な情報を医師や看護師に伝えるなどの処置が必要な場合もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ