レセプト業務でパソコン知識は必要?

医療事務が行う仕事の一つに診療費の計算があります。
レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成業務です。

現在、レセプトはレセプト専用のコンピュータ通称レセコンを使ってデータを入力を行うため、ある程度のパソコンの基本操作知識は必要になります。ただ、レセコンはその医療施設によって必要なソフトはコンピュータにインストールされているので医療事務スタッフが実際に行うのはカルテを見て必要なデータを入力する作業になります。

こうしてホームページを見ることのできるあなたは普通にパソコンを使えると見受けられますので、十分に業務に対応できるでしょう。

 

次に心配なのがレセコンの操作ですね。通信講座などの医療事務を学ぶプログラムではレセコンの基本操作についても学習します。ですから、ある程度なら勉強を進めていきながら慣れることもできますし、実際に業務に携わって経験することでレセコン業務に必要なパソコン知識は習得できます。

あるいは、医療事務が未経験で実際に就職についたとき、本当に自分がレセコン業務を行えるか心配であれば、レセコンを学ぶ講座を設けているスクールを利用してレセプト業務で必要なパソコン知識を勉強する方法もあります。

もともとレセプトは手作業で計算し医療報酬明細書を作成していました。その作業を軽減するためにコンピュータを使って効率よくだれでもすぐにレセプト業務が行えるようになりました。このコンピュータをレセコンとも呼びますが、どんどん進化をしています。進化するということは、ソフトのバージョンアップです。そうするとせっかく使い慣れたパソコン操作もソフトのバージョンアップで戸惑うことでしょう。でも、業務に必要なことですから嫌でも新しいレセコンを使わなければなりません。慣れれば以前に使っていたソフトよりも使いやすい仕様になっていると後で気がつくはずです。

開発する側もレセプト業務を誰でも簡単にできるように日々研究しているので医療事務にとってすごくありがたいことですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ