医療事務の正社員をめざすには

病院の

医療事務の正社員は

狭き門の理由!?

もうひとつの医療事務の正社員になる方法に
医療事務代行業者の正社員も検討!

医療事務の正社員になるには、専門学校や短大、大学などを卒業する際に就職活動を行って新卒で採用される方法や、ハローワークや求人情報誌で中途採用の就職する道のりがあります。

派遣社員などで腕を磨き中途採用の経験者優遇の採用をねらうと転職、就職に有利になる方法もあります。

ほかにも、一定期間働いた後、働く側と雇う側の合意で正社員として採用してもらえる紹介予定派遣というほう方法もあります。今後は法改正で派遣による労働条件が改善されることも考えるとこういった制度が広がっていくことを期待したいものです。

正社員を狙うなら資格取得は必要

以上の方法を紹介しましたが、やはり正社員として医療事務で働くには、医療事務資格を持っているか、実務経験のある人が有利であり優遇されるのも事実です。さらにパソコンの基本的操作ができるかも採用審査基準になるようです。

正社員の採用状況について、医療機関の事務に関する仕事は外注化が進んでいるため、なかなか正社員として働くのは厳しいようです。現在は医療事務代行業者のスタッフが病院で働く場合も多くなっています。そう考えると、病院の医療事務の正社員をめざすよりも医療事務代行業者の正社員として就職する方法もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ