医療事務を目指すには数字に強い計算能力が必要?

医療事務の主な仕事はレセプトと呼ばれる診療報酬明細書の書類を作成することですが、診療費の計算を行っていきます。今では省力化に伴いほとんどの医療機関ではレセプト専用のコンピューター通称レセコンが使われています。

レセコンは医療事務のレセコン担当者によってデータを入力すると自動的に計算してくれる仕様になっているため、医療事務が直接計算をすることは少なくなってきています。

これから医療事務として働くことを目指していると、数字に強く計算能力が必要ではないか心配があるかもしれませんが、上記で説明したとおりほとんどのレセプト計算はコンピューターで行うので難しく考えなくても大丈夫です。

レセコンも扱う医療機関、販売会社によっても仕様がさまざまで、どんどん進化しています。計算とは関係ありませんが、現在レセコンのオンライン化が進む計画が政府よりあります。そうなると毎月保健所に出す提出関係書類ももっと省力化されていくかもしれません。

ただ、医療事務の仕事はレセプト入力ばかりが仕事ではありませんし、シフト交代制をとっているところもあるので短時間で働きたいという方には魅力のある仕事でもあります。他にも医療事務でする仕事は患者さんと接することも多く、医療事務の求人を見ると感じよくコミュニケーションがとれる能力をもった人を、採用する側は求めています。

ある程度の計算ができでばほぼ問題ないといっていいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ