医療事務 正社員の勤務状況

医療事務の勤務状況 ここでは、医療事務の正社員についての勤務状況を説明します。案外忘れがちな勤務してみて一年間の仕事状況と休みについてです。

医療事務の勤務で必要な知識にレセプト期間の忙しい現状があります。医療事務で主に行う仕事の中でレセプトをまとめて保険事務所に提出し保険請求をしなければなりません。忙しい理由は毎月末から翌月10日の間にレセプトを作成します。

レセプトはコンピューターの普及で楽になりましたが、レセプトの作成期間は残業があってあたり前のようです。特に少ない人数で行っている診療所の医療事務は、診察業務が終わってからでないとレセプト作成はできません。

特に気になるのがレセプトの作成期間の勤務状況。医療事務はシフト制のところもあるので忙しいからといってもスタッフも「持ちつ持たれつ」で休めるときは休むというようにできますが、正社員だと年末年始やゴールデンウィークの長期休暇は、まず休みにくくなることはしかたないと思ったほうがいいでしょう。

休日の実態、週休2日はどうなのでしょう?

2004年度賃金・労働時間等実態調査による医療事務の休日についての資料があります。これによると、完全週休2日制が30.1%がもっとも多く、次に4週6休制が22.8%、4週8休制が16.9%となっています。

この調査の結果を見て思ったのが、完全週休2日制と4週8休制を合わせても47%と半数を充たないという現状でも人気である医療事務の魅力です。

週休2日でなくても、医療施設では看護師などの女性が多く働く職場であることから福利厚生面で特に、出産や産後の休暇、育児休暇などの女性にとってありがたい制度が充実しているところが多く、長く安定して働きたい女性に医療事務の正社員が魅力であり人気のある職種でもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ