派遣社員として医療事務で働く

専門性が高い派遣は

安定して仕事がある

のが魅力!

派遣社員と正社員の

違い理解しよう!

アウトソーシングとして医療事務のスタッフを雇う医療機関が増えています。

ここ近年規制緩和により、さまざまな職種でアウトソーシング化がすすみましたが、2008年リーマンショックによる景気の後退により、いままで派遣社員の契約で伸びていた企業の業績が一気に悪化。派遣社員による解雇が社会問題となりました。結局、政府は製造業による派遣社員の契約はしてはいけないという方針になりつつあり、専門性の高い派遣社員は益々魅力のある政策に2009年鳩山政権で決まろうとしています。

そうすると、医療事務の派遣は専門性の高い職種の分類になると思われるので、今までどおり派遣会社の派遣契約は続くと予想できます。医療機関でも専門性の高い派遣社員は即戦力となるので、レセプトコンピュータの操作経験のある人は有利であると思います。

医療機関が外注するには2通りの形態があります。派遣会社から派遣社員を派遣してもらうのと医療事務代行業者に業務を委託する場合です。

医療事務の派遣社員として働くには派遣会社と雇用契約を結び、派遣会社が契約を結んでいる病院などの医療機関で仕事します。これは病院や医療機関が働く側を直接雇うのではなく派遣会社が働く側を雇うということなので、仕事は派遣会社が紹介し給与も派遣会社が払うことになります。この派遣社員に支払っている給与は医療機関より仲介料を含めて派遣社員に支払っている給与の1.5倍の金額を派遣会社に支払ってその中から2/3を給与として受け取る仕組みになっています。

医療事務の派遣社員に需要がある理由

医療事務は女性にとって魅力のひとつ、出産、産後の育児休暇が正社員には雇用対策としてあります。急な欠員が出た場合、なかなか同じスキルを持った人材を確保しておくことは余裕がなければできませんし、求人を出して未経験者を育てるにも手間も時間もかかります。そこで、既に医療事務のスキルをもった人を派遣してもらうことで、人材育成にかかる時間と費用を一気に削減しようと医療機関は思うのです。

以上のことから医療事務の派遣社員に求められるのは即戦力なる経験値です。医療事務の派遣社員として働きたいのであれば、やはり医療事務に特化した資格を取得することが最低限必要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ