医療事務の資格取得は時間と費用のバランス

医療事務の資格取得で勉強する方法に5つのスタイルがあります。あなたにライフスタイルに合ったコースで、どういった道のりで医療事務の資格を取得するか見てみましょう。

スクールに通学して学ぶ通学講座

スクールに通学して学ぶ通学講座は効率よく短期間で資格を取得したい方にはピッタリ。

一日で決まった時間にスクールに通える時間があれば選択を検討してみてはどうでしょう。夜間や週末などのコースもあり、通常3ヶ月から6ヶ月の短期間で医療事務の資格取得できる内容の学習ができます。

生涯学習の通信講座(通信教育)

通信講座(通信教育)の場合、時間や学ぶ場所は自分の生活スタイルに合わせて自由自在。だから、忙しい社会人や主婦でも自分の都合のよい時間で学習できます。とっても手軽で費用もリーズナブル。ただし、手軽に始められますが、集中力が途切れると挫折してしまう方もいます。忍耐力のある人向けでしょう。

独学で

独学の場合、もっとも低予算で勉強したい方は、すでに医療事務の実務経験があるか医療事務経験者の人が身近にいる人であれば独学も良いかもしれません。学習法は市販の過去問題集を問いていき、解らないことは本を引いて調べたり、実務経験者の方に聞くことになります。

専門学校で学ぶ

専門学校なら実務に直結した仕事をより実践的に近く勉強できます。

経験豊かな先生に加え、専門性の高い科目を医療機関と同じ設定で実践的な仕事内容の勉強ができるのがメリットです。終了時には複数の資格が取得でき、就職活動も専門学校だからできる高い就職率です。専門学校なので費用と資格所得に時間がかかるのがデメリットです。

大学や短大で学ぶ

医療や福祉の大学や短大で学ぶ方法があります。幅広い知識が得たいなら医療・福祉系の学部で、一般教養の科目や外国語を身につけながら、医療事務についてじっくりと学習できます。終了時には複数の資格が取得できますが、費用と資格所得に時間かなりかかります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ