医療事務は医学の知識が無くてもできますか?

医療事務がまだ未経験で就職する際に医学の知識は必要なのか不安でしょう。

でも安心してください。

そもそも医療事務の業務は医療機関の事務を行うことが主な仕事です。仕事内容は受付や会計、診療報酬の請求などの事務仕事なので、診察に立ち会うこともなく医学について知識が無くてもできる仕事です。

医療事務の資格を取得するための勉強をするほとんどの人が、医療面では初心者ですから、事務処理に必要な基本的な基礎の医療知識はテキストに初心者でもわかるように学ぶことができます。

あとは、実践で必要になる医療知識は勉強していくように考えればよいと思います。

とはいっても、医療事務は未経験でどんな仕事をするのかわからないと就職してみて理想の職場とイメージがかけ離れてしまい、自分がやりたい仕事ではないと後で思いたくないものです。

あるていどの医療知識はあったほうが仕事をする上で安心かと思うかもしれません。
考えれば考えるほど人は慎重になりすぎて前に進めません。
先ずはできることから挑戦して必要だと思った知識についてはそこで学ぶことのほうが無駄なく経験と自身がついていくものだと思います。

最初はだれでも初心者です。不安であれば不安を解決するように医療事務の勉強を少しずつでも進めれば仕事に必要な知識が習得できるようになるはずです。

医療事務の経験者からのアドバイスでは、資格が必ずしも必要でなくても優秀な人であれば職場でどんどん覚えていかれる方はいるということです。いっぽう覚える気の無い人はなかなか仕事がスムーズに進めることができなく、基本的なことでさえも知らないことがあることも・・。

もし、医療関係の専科の勉強をされていないのであれば一度、通信講座で勉強するのも良いかともいます。これであれば資格を取得できるまでの知識が学べ、就職にも役立つと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ